プレスリリース「株式会社幻冬舎メディアコンサルティング」口腔機能低下、全身疾患、社会保障費問題まで“歯科衛生士”が時代を動かす「予防歯科シフト」とは?『予防歯科シフト 人生も社会も変える口腔ケアのすごい力』2019年5月14日発売!

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『予防歯科シフト 人生も社会も変える口腔ケアのすごい力』(中山 豊 著)を2019年5月14日に発売いたします。

口腔機能低下、全身疾患、社会保障費問題まで“歯科衛生士”が時代を動かす「予防歯科シフト」とは?
「治療(キュア)」から「予防(ケア)」へ
“歯ミガキ”が人生と社会の流れを変えようとしている――

 

2018年6月15日に、内閣によって閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針」、通称「骨太の方針」。
そこには、人づくり革命や働き方改革など、安倍内閣の成長戦略の要ともいえる考え方が並んでおり、
この基本方針に則って政府は国家運営を行っていくことを表明しました。
その第三章の項目4「主要分野ごとの計画の基本方針と重要課題(1)社会保障」で、
国は成長戦略の一環として、国民の健康を保つために歯科保健医療(予防歯科)に
今後注力していくことを示しました。

 

骨太の方針のなかで「口腔の健康は全身の健康にもつながる」といわれているとおり、
近年、口腔疾患と全身疾患の間には深い関わりがあることが分かってきました。
例えば、歯肉などに炎症が発生する「歯周病」。日本人の成人の70~80%が罹っており、
歯が失われる原因のトップとなっていますが、歯周病の怖さは歯の喪失だけにとどまりません。
動脈硬化や心疾患、糖尿病、骨粗しょう症など、全身の疾患との関連が指摘され始めています。
歯周病を予防するためには、毎日のケアに加え、歯科医院での定期的なケア、すなわち予防歯科が欠かせません。
人生100年時代が到来し、自らの口腔の健康を末永く保つことは
人生の質(QOL)を高めることにつながりますが、予防歯科はそこに大きく貢献していきます。

 

口腔の健康を保ち、複数の疾患に対するリスクを予防することができれば、
社会の中に健康な人、元気な人が増えていくことになります。
高齢化による社会保障費の膨張は、今後の社会運営を難しくする大きな課題の一つですが、
高齢になっても健康な人が増えれば、その膨張を抑制することが可能です。高齢であっても働く生きがいを保ち、自立した社会生活を維持できます。
場合によっては、少子化・人口減による国の税収、税負担の問題にも良い影響を与え得るものになるはずです。

 

本書は、予防歯科とはどのようなものかという基礎的な情報に加え、
予防歯科シフトによってもたらされる身体的な、
さらには社会的な効用について解説しています。
予防歯科シフトの鍵を握るのは、「歯科衛生士」です。
彼ら/彼女らをいかに創出、育成し、どのようにキャリア開発の場を作り出していくかが、
歯科医院をはじめ予防歯科シフトによって
社会課題を解決に導きたいと願う者たちにとっての重要な論点となります。
そのためのヒントになりそうなデータや著者の知見を、惜しむことなく詰め込んだ一冊です。

 

【書籍情報】

書 名:予防歯科シフト 人生も社会も変える口腔ケアのすごい力
著 者:中山 豊(ナカヤマ ユタカ)
発売日:2019年5月14日
定 価:800円(税抜)
体 裁:新書版・並製/170ページ
ISBN :978-4-344-92245-7

 

【目次】

第1章 「治療」から「予防」へ  歯科を取り巻く環境は激変している
第2章 全身疾患の予防、社会保障費抑制……etc. 「予防歯科」に注目が集まる理由
第3章 全身と関係する口腔ケアのすごい力
第4章 「予防歯科シフト」実現のために

 

【著者プロフィール】

中山 豊(ナカヤマ ユタカ)
1972年東京都生まれ。早稲田大学を卒業後、企業研修などの総合人材サービスを手掛ける企業に入社。
就職支援を担当する部門においてトップ営業として活躍。2004年、執行役員に就任。
2006年、株式会社クオリア・リレーションズ(現:株式会社クオキャリア)を立ち上げ、代表取締役に就任する。
新卒歯科衛生士専門の求人情報誌『クオキャリア』を創刊、
さらに、求人サイト『WEBクオキャリア』や動画サイト『歯医者さんTV』の運営を開始するなど、
業界で確固たる地位を築く。社会保険労務士。キャリアコンサルタント。

 

関連記事

カート

コペルプラス説明会

8月
29
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
8月 29 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[岡山・8月29日] @ 岡山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
12
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
9月 12 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[奈良・9月12日] @ 奈良市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
13
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 和歌山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 和歌山市内の貸会議室
9月 13 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[和歌山・9月13日] @ 和歌山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
19
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 四日市市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 四日市市内の貸会議室
9月 19 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[四日市・9月19日] @ 四日市市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
20
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 津市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 津市内の貸会議室
9月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[津・9月20日] @ 津市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る