プラス、「スマート介護」vol.6カタログ発刊 ■介護スタッフ向けにレクリエーション・リハビリPickUP版を同時発刊 ■カタログ掲載約21,000アイテム、WEB掲載約1,000万アイテム以上

プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)は、介護・福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」のvol.6カタログを、2019年5月11日に発刊いたします。

今回発刊するvol.6カタログは、お客様からの声にお応えして文具・生活用品、レクリエーション・リハビリ用品の品揃えを大幅に拡充しました。カタログ掲載は約21,000アイテム(約1,000アイテム増)、またWEBでは新たに社外のさまざまなサプライヤーとのECサイト連携「みつかるマート」を構築し、約1,000万以上のアイテムの取り扱いを実現しています。

介護現場で重要な位置づけとなっている介護レクリエーションでは、スタッフ向けのPickUP版も同時発刊しました。好評のレク企画書約200種類に加えて、新たにレク企画書の内容を動画で説明する「レシピ動画」20種類を導入、順次拡大してまいります。レクリエーションの手順を1分程度の動画で確認することが可能です。

また、施設のコストダウンや購買の見える化をサポートする「購買サポートメニュー」と施設の経営を支援する「経営サポートメニュー」をパッケージにした「まるサポ」会員制度をスタート。購入ボリュームに応じたボリュームディスカウントに加えて福利厚生サービスや介護報酬ファクタリング等のメニューを特別条件にてご提供いたします。また「まるサポ」会員は、新たに追加するWEBメニュー「施設内ご利用者様のお買い物代行&請求サポート機能」を無料でご利用いただくことが可能です。

今後も施設の職員の方、介護を受ける高齢者の方、ご家族の方のサポートの一助となることを目指し、より良いサービスの拡充を進め、2021年には採用数80,000施設獲得を目指してまいります。

 

<「スマート介護」vol.6カタログの特長>

■ECサイト連携「みつかるマート」で一括購買を実現

提携している通販サイトの商品をスマート介護のIDで一緒に購入でき、購買を効率化・一本化できます。取扱い品目も約1,000万アイテム以上に拡大しています。

■レクリエーション・リハビリ用品を抜粋したPickUP版を同時に発刊!
手元において活用できると好評のレクリエーション・リハビリ用品を抜粋したスマート介護vol.6「レクリエーション・リハビリPickUP版」も同時発刊。人気のレクリエーション・リハビリ用品約2,250アイテムを掲載した介護スタッフ向けカタログです。

■レクリエーション企画書に「レシピ動画」を新規導入
毎日のレクリエーションのネタを探せるとご好評いただいております「レクリエー ション企画書」に連動し、手順を紹介する「レシピ動画」を新たにスタートしました。vol.6カタログ発刊時に20動画をスマート介護WEBより利用可能。順次拡大してまいります。スマート介護会員は無料で利用できます。

■「まるサポ」会員制度を新設
「まるサポ」は、施設の経営をサポートするメニューです。WEB上での購買サポートメニューで購買管理が可能になり、「コスト削減」と「購買の効率化」を実現できます。さらに経営をサポートする特別メニューもご提供いたします。
■お役立ちサポートメニューは38サービスメニューに!
サービスデリバリーとして人気の「お役立ちサポートメニュー」は、新たに2サービスを追加し、計38の サービスメニューとなりました。
昨年開始した介護施設の課題である人材の確保・定着をサポートする福利厚生メニューの「ベネフィット・ステーション」特別価格に続き、「リコーリース介護報酬ファクタリングサービス」を特別料率で提供、また介護施設様専用のインターネットTV「りはてれ」のサービス提供を開始、毎日更新される700本以上の動画が1,980円(税抜)/月でご利用いただけます。その他、施設でのお悩みごとを解決する多彩なサービスを掲載しています。

■提携企業との話題商品などをいち早く掲載、ご提供
vol.6カタログでは話題の商品を掲載。「いつもの味をいつまでも」という思いをこめて発売されました永谷園様「やさしいとろみ」シリーズ、「やさしいとろみのお茶づけ海苔」、「やさしいとろみのあさげ」をいちはやくカタログに掲載します。

■スマホでラクラク!バーコードで一発検索・注文機能を搭載
お手元の商品のバーコードをスマートフォンで読み込めばスマート介護で注文可能かをすぐに調べられ検索後そのままご注文できます。介護スタッフがお手元ですぐに商品を手配することが可能な便利な機能です。

■「あゆみシューズ14日間交換保証」をスタート
介護施設で人気の徳武産業株式会社の「あゆみ」シューズシリーズについて、ご利用者の足のサイズにフィットしない場合、違うサイズに交換できる新サービスを   スタートします。ご高齢者は足のむくみ等で考えていたサイズに合わないケースがあります。フィッティングを任せられる介護スタッフの負担軽減をサポートする便利なサービスです。

■サンプル提供や貸し出し商品もさらに充実・介護ロボットの短期レンタルも開始!
肌触り感や機能の確認など介護従事者の方が手にとって実際に確認したい、試用したいというご要望に応えて、サンプル・貸し出し商品・デモンストレーション対応商品を充実させました。サンプル可能商品は4,100アイテム、また介護ロボットの短期有償レンタルもスタート。活用できるか購入前に試してみたいというご要望にお応えします。

■vol.6カタログ発刊記念キャンペーン! 3種のWEBクーポンをご提供
カタログ発刊に合わせ、「vol.6カタログ発刊記念キャンペーン」を6月10日(月)まで実施します。期間中WEBクーポンにて「全商品10%OFF」「全商品ポイント10倍」「小額ご注文配送料無料」の3種のWEBクーポンをご提供します。

<「スマート介護」vol.6カタログ 概要>
発刊日 : 2019年5月11日(年1回)
発行部数 : 42,000部 (レクリエーション・リハビリPickUP版 35,000部)
ページ数 : 1,152ページ  (レクリエーション・リハビリPickUP版 192ページ)
取扱い商品数 : 約21,000アイテム(1,000アイテム増)
公式WEBサイトにカタログ外アイテムと連携サプライヤーサイト
とのECサイト連携「みつかるマート」にて約1,000万アイテム以上
主な取扱い商品 : レクリエーション・リハビリ・食事口腔ケア・排泄・入浴・衛生・理美容・
就寝用品・歩行移動用品・衣類・生活用品・文具事務用品・防災用品・家具の
14カテゴリーの商品と「お悩み解決!!」のサポートメニュー
配送エリア : 全国 (一部離島を除く)
発注方法 : FAX、インターネット
お届け日 : 翌日(一部商品、北海道等の一部地域については、翌々日以降のお届けとなります)
ホームページ : http://www.smartkaigo.jp/

<「スマート介護」とは>
「スマート介護」は、プラスの社内カンパニーのジョインテックスが、提携する文具事務用品店と協働して全国の介護・福祉施設を対象に展開する、営業サポート付きデリバリーサービスです。
オフィス向けや文教市場向けデリバリーサービスで培った実績、ノウハウを生かして2014年5月にスタート。忙しい介護・福祉施設の職員の方々の労力を軽減して経営効率を高め、本来業務であるケアやコミュニケーションに集中できるよう、施設運営のバックヤードを多角的に支えていくサービス特性が高く評価されて、採用数は28,000施設以上に拡大しています。

◆介護・福祉施設へ翌日配送※1! スピーディな納期と明確な価格設定
商品はすべてFAX・インターネットで24時間いつでも注文でき、ご注文の翌日に施設へ直接お届けしています。カタログ記載のアイテムはすべて販売価格を表示。物品調達に関わるスケジュールや予算の管理を容易にします。

◆掲載メーカー885社の用品からPBまで、約21,000アイテムのワンストップショッピングを実現!
カタログでは885社のメーカー商品を取り扱うほか、「スマート介護」だけのオリジナル商品や、高品質・低価格のオリジナルブランド「スマートバリュー」商品、お悩み解決サービスも多彩に取り揃え、介護・福祉施設向けデリバリーサービスで唯一のワンストップショッピングを実現しています。

◆専門知識を持った担当営業やお問い合わせセンターがサポート!
営業を担当する文具事務用品店およびジョインテックス担当者は、「福祉用具専門相談員※2」や「レクリ エーション介護士※3」の資格を取得しています。他社にない専門知識に裏打ちされたサポート力で、忙しい介護・福祉施設の職員の方々の時間や労力の軽減とコスト削減を目指しています。またお問い合わせ センターにも、専門資格取得者・介護経験者が在籍。カタログにない商品の取り寄せなどのご希望にもきめ細かく対応します。
※1 一部商品、北海道等の一部地域については、翌々日以降のお届けとなります
※2 介護保険制度の中で定められた福祉用具の専門職資格。都道府県知事の指定を受けた研修事業者が運営。文具事務用品店ご担当者1,093名、ジョインテックス社員185名が資格取得済みです(2019年4月末日)
※3 介護や高齢者に対する基礎知識を学び、自分の趣味や特技を生かして、介護レクリエーションを企画・提案・実施する資格。経済産業省の委託事業による民間の認定資格。現在、文具事務用品店とジョインテックスで332名が資格取得済み(2019年4月末日)

<プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー http://www.jointex.co.jp 概要>
文具・オフィス家具および各種サービスの卸販売事業を展開。カタログ通販に専任営業サポートが付いたデリバリーサービス「スマートオフィス」、文教市場向け「スマートスクール」を中心に、介護・福祉市場向け「スマート介護」、カスタマーデザイナーによる家具レイアウト提案、購買コストダウンや環境購買への提案を行う「JeSS」等、オフィス生産性向上に役立つ独自サービスを展開しています。
【カンパニー代表者】カンパニープレジデント 今泉 忠久(プラス株式会社 常務取締役)
【本部所在地】   東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー13階
【主要営業拠点】  札幌、仙台、群馬、埼玉、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡
【配送センター】  東北センター(宮城県)、東日本センター(埼玉県)
中部センター(愛知県)、西日本センター(大阪府)、九州センター(福岡県)

*文中の会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
*本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

関連記事

カート

コペルプラス説明会

8月
29
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
8月 29 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[岡山・8月29日] @ 岡山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
12
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
9月 12 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[奈良・9月12日] @ 奈良市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
13
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 和歌山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 和歌山市内の貸会議室
9月 13 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[和歌山・9月13日] @ 和歌山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
19
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 四日市市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 四日市市内の貸会議室
9月 19 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[四日市・9月19日] @ 四日市市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
20
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 津市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 津市内の貸会議室
9月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[津・9月20日] @ 津市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る