デイサービス職員のための本!!「デイサービスの管理者&リーダー」が新刊としてリニューアル発刊決定!

デイサービスの管理者・リーダーを支援するために生まれた本!デイサービス管理者・リーダーに必要なことが全て分かります!

広島県福山市で出版事業・介護事業・教育事業を展開する株式会社QOLサービスは、デイサービスに勤務する管理者・リーダーの課題解決を支援する本である「デイサービスの管理者&リーダー」を5月30日(木)に発刊します。

介護事業所(デイサービス)をマネジメントする管理者・リーダーには多くの仕事があります。

・介護保険制度を正しく読み解き、基準・要件を満たしたサービス提供及び管理をしなくてはいけません。

・従業員満足度=顧客満足度であり、職員が楽しく仕事ができる就業環境を整備しなくてはいけません。

・サービスを提供する以上、必ず発生するトラブルに対して迅速に的確に対応できなければいけません。

・サービス事業所が長く社会貢献できるよう、収益を得るための行動及び管理ができなければいけません。

 

このような、様々な課題に対して実例を元に全て解決することが出来る本!これが「デイサービスの管理者&リーダーです」

 

1.本誌をおススメするお客様【介護事業所で勤務する管理者・リーダー及び一般職の介護スタッフ】

介護事業所(デイサービス)で実際に働かれている、管理者やリーダー職の方には特におススメですが、一般職の介護職員の方にも知っておいて欲しい内容となっております。

 

2.コンセプト

介護事業所(デイサービス)で勤務する、管理者・リーダーをサポートすることが目的です。

実際に介護事業所を運営しながら出版業を行う当社だからできる、現場の業務に密接した「すぐに実行に移せる」内容ばかりとなっていることが特徴です。

 

3.強み

介護事業所(デイサービス)で勤務する管理者・リーダーが知っておくべき内容を、実際の業務と照らし合わせて、基本的な内容を1から解説していること。そして、全国で実際に介護事業に関わっている著名な先生方の実例を交えて紹介していることによる情報信頼性の高さです。

 

4.リリースポイント

A:基準・制度についてQ&A方式などを利用して分かりやすく解説

介護保険制度の難解さ、人員基準・算定要件などの複雑さをシンプルに解説し、具体策まで提供することで、実際の現場で勤務する管理者・リーダーがすぐにアウトプットできるようになっています。

 

B:人材育成の悩みについて分かりやすく解説

介護の仕事は感情労働と言われ、どれだけ理不尽なことであっても自分の感情を押し殺し、決して表には出さず、常に礼儀正しく明朗快活にふるまいサービスを提供する必要性があります。また、介護人材の不足という問題背景も総じて、単純なチームマネジメントのノウハウでは課題解決はできないでしょう。本誌では、就業環境を改善しつつ、人材定着も行えるような具体的な対策について解説しています。

 

C:トラブル対応に強くなるための方法について実例を用いて解説

介護事業所(デイサービス)の管理者・リーダーには、日々発生するトラブルに対して迅速且つ正確に対応する力が求められます。例えば、急増するモンスター家族や、問題行動を起こす「グレー問題職員」は、適切な対応を取らなければ、事業所運営に悪影響を及ぼすことになります。

本誌では、様々な事例からモンスター化の未然防止やモンスター化した際の対応方法、グレー問題社員に対する具体的な対応策について解説しており、明日から実際に生かせる内容となっています。

 

D:売上アップを図るための具体的管理方法や、赤字から黒字転換した実際の事業所の取り組みについて紹介

利益を上げることは企業の目的ではありません。企業の目的は「社会貢献」であり、利益が目的化することはサービスを提供する上で危険な行為です。しかし、利益はサービスを提供する上で妥当性のある尺度といえ、社会貢献を行うための条件であるため、必ずなければならないものです。

収支状況や稼働率について意識をしていなければ、いつのまにか黒字なのに倒産してしまうことだってあります。サービスを受けるご利用者のためにも、絶対に利益は必要なのです。

本誌では、介護事業所が行うべき収支管理方法や、実際に赤字だった事業所がわずか1年間で黒字にV字回復した事例を紹介しています。より、現場の皆様にイメージし易い内容となっております。

 

5.この商品をリリースした理由

当社は出版社でありながら、複数の介護事業所を展開している会社です。

介護事業所を運営している中で、管理者・リーダーから様々な相談を受けることがありました。

中には、管理者の育児休業に変わり突発的に管理者に任命される人もいます。

その相談内容は、介護保険上の運営基準や算定条件、施設開設時の書類などの法令関係や、事業所間での人材に関する悩み、緊急時・クレーム発生時の適切な対応方法、効果的な収支管理方法や営業、広報の方法など様々です。幸い当社には、介護保険制度を熟知した代表を始め、本部職員や、人材関連・クレーム関連に強い施設総括責任者、収支管理や営業・広報に強い総務担当者がいます。ある程度の問題は多馬力で解決できるのです。

しかし、そんな事業所ばかりではありません。

相談のやり場が無いような管理者・リーダーの方は沢山いらっしゃいます。そんな管理者・リーダーに寄り添い、少しでも課題解決をするお手伝いがしたい。そんな想いから始まった本が「デイサービスの管理者&リーダー」です!

 

6.商品概要

出版社:株式会社QOLサービス

書籍名:デイサービスの管理者&リーダー

発行日:2019年5月30日(奇数月発行)

サイズ:A4版 ページ:約130ページ

価 格:2,000円(+税+送料)  【年間購読の場合12,112円(+税)】

書籍情報(予約)はこちら:https://www.qolservice.co.jp/administrator/

 

7:会社概要

社名:株式会社QOLサービス

代表者:代表取締役 妹尾 弘幸

所在地:〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205番地

設立 :1998年4月21日

資本金:1,000万円

従業員:295名

 

「デイサービスの管理者&リーダー」に関わる書籍情報、書籍の予約は下記URLからお願いします。

https://www.qolservice.co.jp/administrator/

 

 

関連記事

カート

コペルプラス説明会

8月
29
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
8月 29 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[岡山・8月29日] @ 岡山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
12
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
9月 12 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[奈良・9月12日] @ 奈良市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
13
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 和歌山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 和歌山市内の貸会議室
9月 13 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[和歌山・9月13日] @ 和歌山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
19
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 四日市市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 四日市市内の貸会議室
9月 19 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[四日市・9月19日] @ 四日市市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
9月
20
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 津市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 津市内の貸会議室
9月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[津・9月20日] @ 津市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る