シニアの「ちょっと困った」をお手伝い 「まごころサポート」サポート件数30万件突破 2019年4月開始のFC展開好調 あらたな地域密着事業の確立へ

地域密着型のシニア支援サービスを展開するMIKAWAYA21株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青木 慶哉、URL:https://lp.mikawaya21.com/190611)は、2012年の事業開始から提供するサービス「まごころサポート」利用件数合計が、2019年5月末に30万件を突破したことを、2019年6月11日にお知らせいたします。

MIKAWAYA21(みかわや21)が提供する「まごころサポート」は、シニアの「ちょっと困った」をお手伝いするサービスです。全国の新聞販売店や地域密着企業と連携し483拠点を展開しています。20分500円からの軽作業(電球交換・ゴミ捨て・重たいものの移動など)から網戸障子の張り替えやハウスクリーニングなどの専門スキルを要するサポートメニューを提供しています。
この30万件の利用実績をもとに、2019年4月からは今後のさらなる事業拡大に向け、個人オーナーも加盟できるフランチャイズ展開をスタートしました。現在、8拠点で事業を開始しており、フランチャイズ加盟に関する問い合わせは5月末現在で600件を超えています。近年では働き方改革も多様化し、生涯現役時代と言われる中、地域活性化やシニアの終活への関心が高まっています。「まごころサポート」事業は、今後のあらたな地域密着事業として全国に展開していきます。

<まごころサポート サービスサイト https://lp.mikawaya21.com/190611

 

◆「誰に頼ればいいかわからない」シニアの日頃の困ったことをサポート

自宅に暮らすシニアは、日々の「困りごと」があります。電球を変えたい、家具を動かしたい、網戸や障子を変えたいというような内容です。しかし、身近に頼れる人がいなかったり、「こんなことを頼んでは悪い」と遠慮したりすることも少なくありません。過去には、一人暮らしが不安で施設への入居を検討していた人が「まごころサポート」を知り、「身近に頼る人がいることが安心」とそれから4年間、自宅での暮らしを継続したことがありました。また夫婦二人暮らしで夫が転倒した際に気が動転し、救急車を呼ぶことを思いつかず、「まごころサポート」に「夫を起こしてほしい」と連絡をくれた人もいました。さらに、「まごころサポート」の支援はシニアからの依頼だけでなく、遠方に住む子どもからの相談も多くあります。いつも気にしているが、仕事で頻繁には親元に行けない家族にとっても安心できるサポートサービスです(補足資料参照)。


◆地域の役に立ち活性化する“新しい事業”は終活市場へ拡大

「まごころサポート」は、新聞販売店など、「もっと地域の役に立つ場所になれないか」と考える地域に密接した事業を営む企業が加盟社となりサービスを行ってきましたが、2019年4月からはさらに「まごころサポート」のサービス拡大に向けて、フランチャイズ事業を開始しました。
フランチャイズ事業においては、これまでに実施してきた生活の手助けのほか、相続相談や生前整理など、シニア世代に関心の高い“終活”サポートを行っています。また、フランチャイズ事業を開始するオーナーは、地元で暮らす人の役に立つ事業、且つ地域が活性することを目指しています。現在は、今までの加盟社に多い新聞販売店をはじめ、牛乳販売店、スーパーマーケット、シニア事業を行う企業などからの高い関心を集めています。
現在は8拠点で事業を開始していますが、今年中に71拠点、2025年には1,500拠点を目指します。

◆MIKAWAYA21について

MIKAWAYA21は、地域密着型の企業様とともに、高齢者の方々の「ちょっと困った」を解決する「まごころサポート」事業を展開しています。高齢者にとっては、身近に寄り添ってくれるきめ細やかで便利なサービスとして、また新聞販売店をはじめ地域密着型企業様には、やりがいを感じられる新たなビジネスチャンスとして、無理なくシニアを支えられる社会の実現に向けてCSV型のローカルビジネス「まごころサポート」を中心に、さまざまな取り組みを行っています。

【会社概要】

会社名 :MIKAWAYA21株式会社(みかわやにじゅういち)
代表 :代表取締役社長 青木 慶哉
設立 :2012年8月10日
本社 :東京都中央区新川1-16-3 住友不動産茅場町ビル7階 WA内(TEL:03-6433-0806)
企業HP :https://corp.mikawaya21.com/
サービスページ:https://lp.mikawaya21.com/190611
資本金 :659,251,100円(資本準備金含む)
従業員数:22名
事業内容:まごころサポートのコンサルティング・支援、IoTデバイス開発事業

補足資料:【フランチャイズで実施している「まごころサポート」の主なサービス内容】

サポート名 :サポート内容
電球交換: 足腰が悪く、高いところに上がるのが難しいか、危険な方に変わって行う電球交換
エアコンクリーニング: カバーを分解し、内部のアルミフィンを高圧洗浄するクリーニングサービス
お買い物代行: 車をお持ちでない方や、お米やお水など重たいもの購入するのが難しい方の同行サポート
お風呂・浴室 :専用の洗剤、機材を使用するプロの技術で、ガンコなカビや水垢などの汚れを落とすクリー専用の洗剤、機材を使用するプロの技術で、頑固なカビや水垢などの汚れを落とすクリーニング
お墓掃除: お墓の掃除
カーテン取り付け :カーテン取り付け
ゴミ捨て :ゴミ捨て場まで運べない方の代行
トイレ掃除: 専用の洗剤、機材を使用するプロの技術で、尿石や水垢などの汚れを落とすクリーニング
パソコン関連 :パソコン関連の接続、設定の代行
レンジフード :専用の洗剤、機材を使用するプロの技術で、ガンコな油汚れを落とすクリーニング
家の中の掃除 :お自宅内のお掃除
家具の組み立て・移動 :家具の組み立て代行および移動、設置
家事代行: 家事全般
換気扇: 軽作業 換気扇のお掃除
高圧洗浄: 高圧洗浄機を利用し、指定の場所を洗浄する
重たいもの移動: 家具の移動と同様に、家庭内の重たいものの移動
障子張り替え :障子の張り替え
水 リペアサービス:蛇口の水漏れ対応  蛇口交換、パーツ交換など
窓拭き: 軽作業  窓拭き
草抜き・芝刈り :軽作業 草抜き,芝刈り
台所・キッチン :専用の洗剤、機材を使用するプロの技術で、ガンコな油汚れや水垢などを落とすクリーニング
肥料・除草剤まき :肥料・除草剤まき
網戸張り替え: 網戸張り替え
木の剪定: 木の剪定
落ち葉掃除: お庭の落ち葉掃除
鑑定サポート :遠隔鑑定システムを活用した鑑定イベントの開催、または出張鑑定サポート
終活サポート :生前整理、相続、葬儀予約

関連記事

カート

コペルプラス説明会

9月
20
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
9月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[奈良・9月20日] @ 奈良市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
11
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
10月 11 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[大阪・10月11日] @ 大阪市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
24
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
10月 24 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[長崎・10月24日] @ 長崎市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
25
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
10月 25 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[熊本・10月25日] @ 熊本市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る