障害者支援サービス「サニーバンク」を手掛けるメジャメンツ、 バリアフリースピーカー「ミライスピーカー(R)」の取扱い開始

障害者専門のクラウドソーシングサービス「サニーバンク」を運営する株式会社メジャメンツ(所在地:東京都中央区、代表取締役:上濱 直樹、以下「弊社」)は、株式会社トッパン・コスモ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:橋本 敦史、以下「トッパン・コスモ」)と代理店契約を締結し、株式会社サウンドファン(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山地 浩、以下「サウンドファン」)が開発・製造する「ミライスピーカー(R)」の取扱いを開始いたします。

イメージ

 

■販売代理店契約の目的

サウンドファンが開発・製造・販売するバリアフリースピーカー「ミライスピーカー(R)」は、これまでにバリアフリー意識の高い多くの企業に導入されてきました。

弊社は障害者自身や障害者支援施設などでの音に関する困り事を解消し、バリアフリー社会を推進するためにサウンドファンの製品である「ミライスピーカー(R)」をトッパン・コスモを通じて代理店販売することにいたしました。

 

■ミライスピーカー(R)とは

「ミライスピーカー(R)」はサウンドファンが開発した「曲面サウンド」(特許取得)を利用した世界初のバリアフリースピーカーです。距離による音の弱まりが少なく、小さい音でも広く遠くまでハッキリとクリアなまま耳にきちんと音を届けることができます。

これまで、大手証券会社やメガバンク、病院、社会福祉法人等の多数の企業・団体で導入され、「高齢者が窓口の案内を聞き逃さなくなった」「セミナーで講師の話がしっかり聞こえるようになった」などとの効果の声が寄せられています。

 

■想定する販売先

弊社では障害者個人や、障害者支援施設等を中心に販売することを想定しています。

 

■トッパン・コスモについて

凸版印刷グループの商社として、加工受託、資材・設備の流通、販売代理、通販卸 等、各種のソリューションを提供しています。新事業の開発にも取組み、社会課題解決と豊かな暮らしに貢献する企業を目指しています。

https://www.toppan-cosmo.jp/

 

■サウンドファンについて

サウンドファンは2013年10月に「音で世界の人を幸せにする!」を企業理念として設立されました。主な事業は、全ての人に聴きやすいバリアフリースピーカー「ミライスピーカー(R)」の開発、製造、販売及び賃貸です。「安心、安全、快適」な音にかかわる事業で、世の人々に役立つことを目指しています。

https://soundfun.co.jp

 

■メジャメンツについて

メジャメンツは2011年創業のWebサイトコンサルティングやアクセス解析支援、Webアクセシビリティ診断を行うコンサルティングファームです。

2018年に障害者専門のクラウドソーシングサービス「サニーバンク」をリリースし、「障害者だからこそ出来る仕事」「障害者でもやりたい仕事」を創出するためにクラウドソーシングシステムの整備・拡大に取り組んでいます。

https://www.measurements.co.jp/

 

障害者専門のクラウドソーシングサービス「サニーバンク」

https://sunnybank.jp/

 

関連記事

カート

コペルプラス説明会

9月
20
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
9月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[奈良・9月20日] @ 奈良市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
11
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
10月 11 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[大阪・10月11日] @ 大阪市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
24
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
10月 24 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[長崎・10月24日] @ 長崎市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
25
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
10月 25 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[熊本・10月25日] @ 熊本市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る