人生を「生ききる」とはどういうことなのか。在宅生活で最期まで「本人らしく」生ききっていただくために、セラピストができることとは。~ 国内唯一!「訪問リハビリテーション専門誌」最新号6月15日発刊 ~

 

株式会社gene (本社:愛知県名古屋市、代表取締役:張本 浩平、以下gene)は
訪問リハビリテーションの実務書「隔月刊『訪問リハビリテーション』9巻2号」を
2019年6月15日より発売いたします。
本誌は、専門職としての視点でセラピストがしっかりと訪問リハビリテーションを
考えるきっかけを提供すると共に、臨床で活躍する先人の知恵や実例を紹介し
学術的な問題にも着目する、我が国唯一の訪問リハビリテーション専門雑誌です。

▼書籍のサイト▼

https://www.gene-books.jp/SHOP/J-HR-S050-9-02.html

※メディア様への献本可能です。ご希望の場合お問合わせください。

 

■書籍の内容

【 – 今号特集:「生ききる」と訪問リハビリテーション – 】

今回は、多くの有識者の方から多面的に「生ききる」ことと訪問リハビリテーションを
現場で臨床に取り組むセラピストの方々に論じていただきました。

誰しも「生きている意味」はある。
私たちはこの立場をとり、「生きていること」を最初に肯定して
その中身を訪問セラピストの視点から論じたいと思います。

実際の「訪問リハビリテーション」を終了する理由は
主に下記の3 つのパターンです。

(1) なんらかの理由による契約解除(ゴール達成による卒業も含む)
(2) 施設入所
(3) 死亡

人生を「生ききる」とは、どういうことなのでしょうか。
それは、実は他人の課題ではなく、私やあなたのとても個人的な課題なのかもしれません。
今号を通じて、読者の皆様と一緒に考えていけましたら幸いです。

 

■編者メッセージ

障害のある方が生活の場面を在宅に移行し、最期まで、自分らしく生き抜く時期。
必ず訪れる人生の幕引きに向け、ご本人はどのように生き抜くか、周囲の人々は
どうやって生きることを支えるか、どうしておけば見送ったあと後悔しないか等
悩まれる場面も多いのではないでしょうか。
本人の尊厳を最大限尊重し、そして見送った家族が後悔をしないように。
利用者ご家族と多くの話をする機会に恵まれている訪問セラピストだからこそ
「その方の人生にかかわっている」という自覚を持ったうえでの支援
環境設定が大切になってきます。
本書がセラピストの皆様の一助になりましたら幸いです。

【本書概要】

■タイトル:訪問リハビリテーション 9-02号
■発行元:株式会社gene
■価格:¥2,160 (税込)
■年間購読価格:¥12,000(税込)
■判型・ページ数:B5 判・80P(平均)
■I S B N:978-4-905241-51-5

■目次

巻頭言「生ききると訪問リハビリテーション」
張本 浩平(特集)生ききると訪問リハビリテーション
〇宗教観とリハビリテーション~僧侶と作業療法士の立場から~
衆議院議員 立憲民主党 作業療法士 天台宗 僧侶
堀越 啓仁〇訪問リハビリテーションとがん・非がんのターミナルを生ききる
東大宮訪問看護ステーション 作業療法士
星野 暢〇訪問リハビリテーションと脳性麻痺を生ききる
株式会社Loving Look こども訪問看護ステーション じん おかざき 代表取締役
理学療法士
安井 隆光株式会社Loving Look こども訪問看護ステーション じん おかざき
理学療法士
加藤 寛聡〇訪問リハビリテーションとパーキンソン病を生ききる
公設宮代福祉医療センター六花 理学療法士
原田 脩平〇訪問リハビリテーションと脳卒中を生ききる
医療法人胡蝶会サンエイナースステーション 理学療法士
勝股 修二(連載)
〇訪問リハで働き方改革は実現できるのか(2)
「訪問リハビリテーションと時間外労働対策」
医療法人元生会 森山メモリアル病院地域ケア支援センター
居宅介護事業部 訪問リハビリテーション事業所 所長 理学療法士
小林 浩

〇2035 年問題と在宅におけるリハビリテーション(2)
「2035 年問題と医療・介護現場」
株式会社ほっとリハビリシステムズ 代表取締役/理学療法士
松井 一人

 

■今後の展開

【 – 次号特集:「身体活動参加の見通しを考える」 – 】

第9巻3号では、訪問リハビリテーションにおける「身体活動参加」について特集いたします。
訪問セラピストは、雨の日も風の日もクライエントのご自宅に伺います。
しかし毎日「セラピストが来てくれる」という安心感が依存心の形成につながり
やがて本来おこなうべきリハに支障をきたすこともあります。
一方で、施設などに通ってくる方は、失語症でも片麻痺でも自力でやってこられます。
定期的に通ってくるこの方々の精神の逞しさはどこから来るものなのでしょうか。
訪問リハは世に必要なサービスだからこそ、近い未来を見通したうえで
責任を持って介入できるようになる必要があります。

 

■会社概要

商号 : 株式会社gene
代表者 : 代表取締役 張本 浩平
所在地 : 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵1丁目26番12号 IKKO 新栄ビル 6階
設立 : 平成19年1月31日
事業内容 : コメディカルスタッフ対象のセミナー企画・運営・出版事業/
事務局代行事業・貸会議室事業/介護保険事業(訪問看護ステーション・デイサービス運営)
資本金 : 1,000万円
URL : https://www.gene-llc.jp/

関連記事

カート

コペルプラス説明会

9月
20
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 奈良市内の貸会議室
9月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[奈良・9月20日] @ 奈良市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
11
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
10月 11 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[大阪・10月11日] @ 大阪市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
24
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
10月 24 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[長崎・10月24日] @ 長崎市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
25
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
10月 25 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[熊本・10月25日] @ 熊本市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!既存47教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて47教室を開校(平成30年10月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る