世界初(※) 介護施設向介護施設けを非接触おむつセンサー開発  シーツ下に敷くだけで眠りを妨げず排泄・排尿を通知  IoTトータル介護システム「Happiness絆」に搭載

2019年7月3日・4日 CareTEX福岡に出展

株式会社オフィスワン(本社:大阪市北区、代表取締役:吉田 和久、以下 当社)は、世界初(※)の非接触おむつセンサーを開発し、病院・介護施設向けIoT見守りシステム「Happiness絆」の新センサーとして発売しました。また、センサー単独でも販売をいたします。(※当社調べ)

なお、このセンサーを含めた「Happiness絆」を、2019年7月3日・4日にマリンメッセ福岡で開催される「CareTEX福岡」で展示いたします。

マットレスの上に設置

 

「Happiness絆」詳細

http://www.medical999.com/

 

【非接触のおむつセンサーで病院・介護施設の夜間見回り業務を削減!】

「非接触おむつセンサー」は厚さわずか0.35mmのシート型センサーです。ベッドのシーツとマットレスの間に敷いておくことで、排尿・排泄に伴うおしり部分の重量変化を静電容量方式により検知し、付属のコントロール装置がIoT見守りシステム「Happiness絆」へ通知します。タブレット端末の「Happiness絆」管理画面ではアラートが鳴り、図面上の対象者のお部屋が点滅して、介護士へわかりやすくお知らせします。

介護施設の現場では夜間の「就寝状況確認」「排泄・排尿確認」が大きな負担となっており、「おむつセンサー」はこの業務を軽減する非常に重要なセンサーです。しかし、従来のおむつセンサーはおむつ内に取り付けて湿度や温度変化を計測するタイプがほとんどで、身体に直に触れるため衛生管理の手間がかかり、形状によっては睡眠を妨げる可能性がありました。また、「濡れたか・濡れていないか」の検知しかできないため、おむつを替える必要のない少量の尿でも反応することがありました。当社の新センサーはこれらの欠点を克服し、非接触のため衛生的で設置も簡単、個人個人の尿量に合わせた設定で就寝中の方を必要以上に起こすことがなく、介護する方にも介護される方にもやさしいセンサーです。

 

【非接触おむつセンサーの特徴】

(1) 非接触式だからアルコールで拭くだけで衛生管理も万全

一般的なおむつ内タイプのセンサーは直接肌に触れるため、排尿・排泄される度にセンサーを取り出し、交換・消毒を行う必要がありました。当社の新センサーはシーツの下に敷くだけなので、排尿・排泄されたあとも取り替え不要で繰り返し使用できます。センサー本体はアルミ・塩化ビニール製で、万が一お漏らし等で汚れた場合もアルコールで表面の汚れを拭き取ればすぐに再使用できます。

(2) 個人の排尿・排泄量に合わせて10段階の感度調節が可能

本センサーは排泄・排尿したときの重量変化を静電容量方式で検出します。感度は外付けのコントロール装置で10段階調節が可能です。近年、介護用おむつは大量の尿も吸収し就寝中のおむつ替え頻度を少なくできるようになっています。当センサーは、排尿をたくさんされる方、少量だが頻繁におむつ交換を希望される方など、個人個人の体調・体質・ご希望に合わせた設定ができます。また、センサーが検知した尿量データを蓄積することで、体調や前日の水分摂取量に合わせて設定が最適化できます。

(3) センサーとコントロール装置を分離し薄型化を実現

通知を送るためのコントロール装置とセンサー部分を分けることで、眠りを妨げない0.35mmの超薄型のセンサーを実現しました。コントロール装置は縦13cm×横4cmほどの手のひらサイズで、ベッドサイドにストラップで装着できます。センサー部分とコントロール装置が独立しているため、もしセンサーが故障してもセンサーだけを取り換えてコードを繋ぐだけですぐに使えます。

 

【新センサーの仕様】

<おむつセンサー仕様>

方式  :静電特殊方式センサー

サイズ :32cm × 42cm 厚み:0.35mm

重量  :93g

材質  :アルミ・塩化ビニール

コード長:220cm

 

<センサーカバー 仕様>

材質 :メッシュ部 ポリエチレン/裏地 綿

サイズ:35cm × 47cm

 

<センサーコントロール装置仕様>

■電気的仕様

基礎容量  :1000pF(600~1400pF)

容量変化率 :重量に対して:+5%/100g(max)

水分に対して:+10%/100g(min)

基板との接続:指定のケーブルにより、基板からのケーブルに中継プラグを使用して接続

絶縁抵抗  :5MΩ以上(DC)

 

【Happiness絆の概要】

「Happiness絆」は、病院・介護施設の業務削減を目的に制作したIoT見守りシステムです。「非接触バイタルセンサー(呼吸数・心拍数・離床)」「徘徊防止の無線センサー」など現場で必要とされる複数のセンサーを一括し、タブレット端末の管理画面から即時アラートを出すことで見回り業務などの負担を大幅に削減します。

患者・入居者の安全を守るセンサー類「Happiness -MIND-」、バイタル情報をチェックし記録するセンサー類「Happiness -PROUD-」から、居室ごとに必要なセンサーだけを選んで無駄なく導入できる拡張性の高さが特徴です。また、管理画面は現場の声を聞き、使いやすさ、見やすさに徹底的にこだわって開発。忙しい看護師・介護士の方でも、学習に時間をかけず直感的に操作できます。

 

名称   : Happiness絆

販売開始日: 2018年4月1日

URL    : http://www.Medical999.com/

 

<連携可能なセンサー>

アラート系のセンサー「Happiness -MIND-」

・非接触バイタルセンサー(呼吸数・心拍数・離床)

・徘徊・転倒時のアラート機能付き無線センサー

・非接触おむつセンサー

・ドア開閉センサー

・温湿度センサー

・人感センサー

バイタルチェックセンサー「Happiness -PROUD-」

・非接触タイプの医療用体温計

・上腕式デジタル血圧計

・酸素飽和度測定器(定期チェック用)

・酸素飽和度(常時用)

※価格は導入する施設の規模、使用するセンサー種類等によって異なります。詳しくは下記へお問い合わせください。

※「非接触おむつセンサー」を始め、センサー単体での販売も行っています。

 

【CareTEX福岡へ出展します】

2019年7月3日・4日にマリンメッセ福岡で行われる展示会で「Happiness絆」を出展、新開発の非接触おむつセンサーについても公開いたします。当日お時間がございましたら、是非下記ブースへ取材にお越しいただけますと幸いです。

日時: 2019年7月3日・4日 9:30-17:30

会場: マリンメッセ福岡

ブース番号:3-35(当社販売代理店 医療IT研究所のブース内で展示)

詳細: http://caretex.cc/

 

【今後の展開について】

「Happiness絆」は今後、入浴中の異常をお知らせするお風呂センサーやカメラ付きセンサーなど、新たなセンサー類を追加していきます。将来的には、クラウド型見守りセンサーとして養老マンション型施設、在宅介護でもご利用いただけるよう開発を進めています。

 

■会社概要

商号  : 株式会社オフィスワン

代表者 : 代表取締役 吉田 和久

所在地 : 〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4-1100号

大阪駅前第4ビル11階10号

設立  : 2009年4月

事業内容: コンピュータシステム開発、販売、保守、管理

資本金 : 300万円

URL   : http://www.of1.co.jp/

 

関連記事

カート

コペルプラス説明会

10月
24
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
10月 24 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[長崎・10月24日] @ 長崎市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
25
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
10月 25 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[熊本・10月25日] @ 熊本市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
29
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
10月 29 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[大阪・10月29日] @ 大阪市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
11月
7
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 金沢市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 金沢市内の貸会議室
11月 7 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[金沢・11月7日] @ 金沢市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
11月
8
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 富山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 富山市内の貸会議室
11月 8 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[富山・11月8日] @ 富山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る