高齢者介護施設におけるバリアフリー新法 転倒事故と施設管理者の責任について

¥0

バリアフリー新法とは、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」の通称です。転倒事故は、介護事故の6割を占めると言われ、最も注意を要します。 非常に多く発生する事故だから、判例でも介護施設の法的責任が厳しく求められています。介護施設が、日常的にどのような防止策を講ずるべきか理解しておきましょう。(提供:株式会社エコテック)

商品コード: 036911 商品カテゴリー: ,

関連記事一覧