平成27年度 看護師の年齢別平均給与・年収

¥0

厚生労働省が毎年調査、発表する賃金構造基本統計調査、平成27年度の賃金データです。
看護師の法人規模別、性別、年齢別に、所定内給与(毎月固定的に支給される給与)、月次給与(残業代等、変動部分を含んだ給与)、賞与と概算年収(月次給与に12を掛けて賞与を足したもの)を、紹介しています。
厚生労働省のデータでは、5歳毎の年齢層別(例:20~24歳)の平均値であるのに対して、本資料は年齢層平均値より各年齢の平均値を算出、実用的に加工しています。
以下、データを元にしたコメントを記します。
[全体]
・統計データの対象は全国の看護師64万人
・就業人口は女性9に対して男性1の割合である
・平均年収は男女間でほとんど差がない
[男性]
・男性看護師の平均年収は約486万円である
・法人規模別にみると、1,000人以上規模の法人が、最も平均年齢が若く(32歳)、最も平均年収が高い(約500万円)
・45歳の平均年収でみると、法人規模1,000人以上が約625万円、100~999人規模が約510万円と100万円以上の開きがある
[女性]
・女性看護師の平均年収は約477万円(38.5歳)
・法人規模別の平均年齢でみると、1000人以上が33.7歳、100~999人が40.6歳、10~99人が44.6歳と規模が小さくなるほど平均年齢が高くなる傾向にある
・35歳の平均年収でみると、法人規模1000人以上が約527万円、100~999人規模が約452万円、10~99人規模が約399万円と、100万円以上の開きがある

商品コード: 036914 商品カテゴリー:

カート

コペルプラス説明会

直近のイベントはありません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る