47都道府県で介護労働者を支える「介護労働安定センターの事業」

介護労働実態調査等の実施機関として知られる「公益財団法人介護労働安定センター」は、介護労働者の雇用管理の改善、能力の開発・向上、その他の福祉の向上を図るための総合的支援機関として介護分野全般に対する支援事業を実施しています。その事業の詳細についてお伝えします。

 

公益財団法人介護労働安定センターとは

公益財団法人介護労働安定センターは、介護労働者の雇用の安定と福祉の増進を目的に、平成4年4月に設立しました。同年7月には労働大臣に「介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律」に基づく法人として指定。全国47都道府県に支部を持ち、国からの交付金のほか、賛助会員の会費によって運営されています。

 

1.雇用管理の改善

雇用管理に関する相談援助

雇用管理の改善に取り組む介護事業所を対象に、同法人職員訪問による無料の相談援助を実施。職業能力開発の担当と連携するなど相談内容に応じた問題解決に努めます。また、専門的な相談については、同センターが委託する専門家が対応しています。

相談内容

相談事例

対応

雇用管理改善に関する専門的な相談 人事制度、賃金体系、就業規則、教育訓練、福利厚生、助成金など 社会保険労務士

中小企業診断士

従業員の心身両面にわたる健康確保に関する専門的な相談 腰痛予防、感染症予防、メンタルヘルス対策など 医師、看護師、臨床心理士など

働きやすい職場環境づくり、介護人材確保などを促進するために、雇用管理の改善のための図書やマニュアルを制作しています。また、助成金に関する情報提供と制度の説明を専門家と連携して行っています。

 

介護分野における人材確保のための雇用管理改善推進事業

介護分野における人材確保のため、地域ネットワーク・コミュニティを構築し、雇用管理改善の支援を行い、介護業界全体で「魅力ある職場づくり」への意識の底上げを図る事業を実施しています。

 

介護労働者雇用管理責任者講習

介護事業所は、介護労働者の雇用改善を目的とした「介護労働者雇用管理責任者」を選任する必要があります。その役割は次の通りです。

  1. 介護労働者の雇用管理の改善等に関する事項について、事業主の指示に基づき必要な措置を検討して実施をすること。
  2. 介護労働者の労働条件等の雇用管理に関し、介護労働者からの相談に応じること。

同センターでは、介護事業所において雇用管理全般に関する知識を持った者が、雇用管理責任者として雇用管理改善を進めるための講習を実施しています。

 

事業者支援セミナー

介護事業所の事業主及び管理者を対象に、組織管理、財務管理及びサービス管理など雇用管理及び経営の改善に必要な情報の提供、知識の修得または意識啓発など、事業所のニーズに即したテーマによる雇用環境改善のためのセミナーを実施しています。

≪テーマ例≫
  • 事業所におけるリスクマネジメント
  • 介護保険制度下の事業経営
  • 管理者のための人材マネジメント
  • キャリアパスと人材育成

 

介護労働実態調査

介護分野における雇用管理の状況を把握するため、離職率、早期退職防止や定着促進のための方策及び賃金・労働時間などに関する実態調査を継続的に実施し、介護労働者などの雇用管理改善に資する資料として広く活用。地域別の動向も公表しています。

 

介護労働シンポジウムの開催

介護の日(11月11日)にちなんだ取り組みとして、介護労働シンポジウムを開催。介護業務の魅力を発信しています。

 

2 職業能力の開発

介護労働者のキャリア形成に関する相談援助

従業員のキャリア形成に取り組む介護事業所を対象に、同センターが委嘱する介護人材育成コンサルタントが、訪問または来所による無料の相談援助を実施し、人材育成を支援します。

≪相談例≫
  • 従業員に対するキャリア形成の啓発
  • 事業所の研修計画やキャリアパスの作成

 

介護関係講習

講習・研修名

実施内容

介護労働講習 ハローワークと連携して、介護の仕事に就こうとする人に対して、必要な知識及び技能を修得させるための訓練を全国で実施。
入門的研修・生活援助従業者研修 介護の仕事に就くための入門研修や、生活援助を中心に担うヘルパーを育成する生活援助従業者研修を実施。
資格取得などを支援する講習 介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修のほか、介護福祉士試験などの準備講座を実施。
短期専門講習 高度化・多様化する介護サービスに対応するため、「認知症高齢者への対応」「記録の書き方・報告」「医学の基礎知識」「ターミナルケア」などの講習を実施
各種指定研修 障害者総合支援法に関連する研修、喀痰吸引等研修及び医療的ケア教員講習会を実施
ケア・サポート講習 事業所・企業の要望を聞き、従業員を対象に接遇・マナー、医学の知識、介護技術等の研修を実施

 

3 介護関係機関との連携

介護労働懇談会の実施

介護人材の確保及び定着、育成に資するために、地域の介護関係の行政機関、民間団体などが参集し、介護労働の現状と展望について情報共有し、地域の実情に応じた役割、分担の在り方について検討します。同センターは、介護労働懇談会の事務局を務め、会合の開催・運営、構成員間の連絡調整を担っています。

 

介護就職デイの取り組み

労働局、ハローワークと連携し、介護就職デイに介護労働相談窓口を設置するなど、介護労働者等の雇用管理改善等の啓発活動を行っています。

 

4 情報提供

介護労働の理解のために次の事業を行っています

  • 介護の魅力を発信する動画を作成し、ハローワークで放映
  • 介護についての能力向上や資格取得に役立つ図書等の発行及び「月刊ケアワーク」の発行
  • 介護情報サイトの運営

 

5 福利厚生の充実

介護労働者の福祉の増進のために、次の補償制度の運営が行われています。

制度・事業名

内容

傷害補償制度 介護労働者が業務中、勤務途上に急激かつ偶然の事故によって怪我などを受けた場合に補償する制度
感染症見舞金制度 介護労働者が業務中に感染症に感染し、医師の治療を受けた場合に、介護事業所に対し見舞金を保証する制度
賠償責任保証制度 介護労働者が、業務中に他人の身体に傷つけたり、物を壊したりした場合に、その賠償金等を支給する制度
個人情報漏えい保険団体制度 個人情報漏えい又は、その恐れが発生したことに起因する損害賠償金や、各種対応費用に対して保険金を支払う制度
賃金不払事故補償制度 求職者が行方不明等のために生じた賃金不払い自己の場合、介護職員に対する賃金の一部を補填する制度
健康診断受診促進事業 介護労働者が所要の健康診断を受診した場合に、受診料の一部を給付

 

セミナーなどの受講は非会員も可能

介護労働安定センターの各支部では、地域に密着したさまざまな取り組みが行われています。各セミナーの受講や試験対策の参加は非賛助会員でも可能です。情報は随時公式ホームページに公開されていますので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

介護労働安定センター公式ホームページ

http://www.kaigo-center.or.jp

 

The following two tabs change content below.

吉田匡和

介護ライター 福祉業界では20年のキャリアを誇り、福祉系専門学校教職員、老人保健施設相談支援員、特別養護老人ホーム・デイサービスセンター生活相談員、特別養護老人ホーム事務長として勤務。退職後はフリーライターとなり、WEBを中心に活動している。社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーターの資格を保有。 https://buleorca.webnode.jp/

関連記事

カート

コペルプラス説明会

10月
24
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 長崎市内の貸会議室
10月 24 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[長崎・10月24日] @ 長崎市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
25
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 熊本市内の貸会議室
10月 25 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[熊本・10月25日] @ 熊本市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
10月
29
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 大阪市内の貸会議室
10月 29 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[大阪・10月29日] @ 大阪市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
11月
7
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 金沢市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 金沢市内の貸会議室
11月 7 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[金沢・11月7日] @ 金沢市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
11月
8
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 富山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 富山市内の貸会議室
11月 8 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[富山・11月8日] @ 富山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る