不適性検査スカウターとは?申込から受検方法まで

人材で失敗したくない企業のための適性検査「スカウター」 せっかく苦労して採用しても、すぐに辞めてしまい定着しない、将来の幹部候補にと期待していたものの思うように成長しない、頑張らない、周囲に悪影響を与えているようで彼(彼女)が入社してから職場の雰囲気がおかしくなったなど、採ってはいけない人材を見分ける業界唯一の不適性検査です。
定着しない、成長しない、頑張らない人材に共通する不適性傾向を予測。 ウェブ(インターネット)からの受験で、初期設定など面倒な作業は不要。すぐに使い始められるので面接後、10分もあれば受検可能です。受検直後に適性検査結果を専用の管理画面で確認できるため、その場で合否判定が可能なため、余計な時間がかかってしまって、採りたい人材を取り逃がしてしまう事もありません。

この不適性検査スカウターですが、「具体的にどうやって受検させるの?」といった問い合わせが非常に多いので、今回は分かりやすく、申込みから、受検、検査結果の確認まで、一連の流れを分かりやすくお伝えします。

 

1. アカウント申込み(無料)

スカウターの始めるには、まずこちらのバナーをクリックして、申込みページに進んでください。

クリックすると、次のようなページが出ます。

 

 

赤いバナーをクリックすると、次のような申込みフォームが出ますので、こちらに法人情報を入力してください

 

 

 

全て入力が完了したら、赤色の「アカウントを申し込む(無料)」ボタンをクリックし、申込み完了です。 申し込みボタンをクリックすると、次のようなメールが登録アドレスに届きます。

 

 

 

 

メールのURLをクリックして、ユーザー登録完了です。 審査(約1日)の後、アカウントが利用開始となるので、今しばらくお待ち下さい。 メールが届きましたら、いよいよ利用開始です。

開始とあわせて、3000円分の無料クーポンをプレゼントしています。 資質検査800円/1名、精神分析検査500円/1名、定着検査500円/1名が受検料。したがいまして、検査内容によりますが最大で6名様、無料で受検できます。 まずはお試しで使ってみてください。

 

各検査の説明は、不・適性検査で採用失敗リスクを回避 ~絶対に採ってはいけない人を選考する~で詳しく書いています。

3000円のクーポンを使い切れば、追加入金いただいてご利用いただくことが出来ます。

管理画面へのログインは、下の右上部分から入れます。

 

2. 不適性検査の受検準備を行う

スカウターの受検設定や受検結果の確認は、全て管理画面から行います。

管理画面は、こんなイメージです。
面接に来た人にその場で受検したもらう場合、左上の赤いボタンを押して、受検者登録を行います。受検者登録に必要な情報は、次のようなものです。 あらかじめ受検者にメモで書いて もらっておきましょう

 

登録が完了すれば保存ボタンを押します。 管理画面より操作すれば、受検パスワードが届きます。 適性検査の受検は、会社のパソコンを1台受検用に用意ください。 入力したメールアドレスに、受検パスワードが届きます。

 

 

 

3. 不適性検査の受検準備を行う

準備が整いましたので、いよいよ受検です。 本人にパソコンと、IDとパスワードを書いたメモを渡します。
受検用の回答画面はこんな感じです。

ちなみに、日本語、英語、中文(簡体)、中文(繁体)、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、ハングル語の8ヵ国語に対応しており、技能実習生など外国人を受け入れる場合にも利用できます。

 

検査は10分程度、したがいまして面接直後でも負担なく受検いただけます。

 

 

全ての問題に回答が終われば、回答完了ボタンを押して受検完了です。 すると、コンピューターで解析されたレポートが、直後に管理画面に送られてきます。 このレポートをダウンロードやプリントアウトして、合否判定の材料に使います。 受検から結果の確認まで、全く時間がかかりませんので、判定を後日に先送りする必要がなく、どうしても欲しい人材で、是が非でも自社で採用したい場合など役立ちます。
レポートは、このような形で送られてきます。 内容は直感的に判定できるものです。
以上が受検の流れです。

 

過去の受検データは管理画面で一括管理、検索もできますので、データを今後の参考にすることが出来ます。
受検データと、その後の自社での成長や離職状況と対比させれば、自社においてどのような人材がマッチするのか、有益なサジェストを与えてくれるでしょう。
インターネットさえ接続できれば、あらゆる場所で受検が可能です。 採用の応募者にEメールで受検用のパスワードを配布し、自宅で受検させてもよいですし、面接などの来社時にPCで受検してもらうことも可能です。
適性検査の結果は、受検が完了次第、管理画面上からすぐに確認することができます。

 

そうは言っても、実際に使ってみないと分からない所があるでしょう。 そのための3000円分の無料クーポン。 採用で使う前に、ご自身か、身近な方でテストいただき、結果や進め方を理解した上で、本番でご利用ください。
3000円分の無料クーポンはこちらからどうぞ

 

 

関連記事

カート

コペルプラス説明会

11月
21
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 岡山市内の貸会議室
11月 21 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[岡山・11月21日] @ 岡山市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]
11月
22
2:00 PM 児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 高松市内の貸会議室
児童発達支援「コペルプラス」事業... @ 高松市内の貸会議室
11月 22 @ 2:00 PM – 3:30 PM
児童発達支援「コペルプラス」事業説明会[高松・11月22日] @ 高松市内の貸会議室
健康保険によるサポート制度と 差別化された教室づくりのポイント 補助金「9割」で大注目! 社会貢献と安定収益 児童発達支援コペルプラス   セミナー内容 「教室が足りない!」児童発達支援事業の現状 コペルプラスの市場ポジションと優位性 初期投資2千万円と年間利益1千万円の収益モデル 黒字化平均4ヶ月!全国79教室の立ち上がり状況   児童発達支援サービス利用者の割合 [グラフ](左)1~5歳児の人口:5,074,485人(統計局’2016年国勢調査)  (右)児童発達支援サービスの利用者数 1)児童発達支援事業所:2016年9月の利用実人員72,753人(※1)から、発達障害児の利用者数の割合を42.2%(※2)として算出 2)児童発達支援センター:2016年9月の在所者数23,396人(※1)から、1~5歳児の割合を97%(※2)、発達障害児の利用者数の割合を19.8%(※2)として算出 ※1 平成28年社会福祉施設等調査(厚生労働省)より ※2 厚生労働省研究補助金 障害者対策研究事業 障害者制作総合研究事業(身体・知的障害分野)障害児支援の現状分析と質の向上に関する研究(H28.3)より   発達障害をお持ちの子どもの9割がサービス未利用 深刻な供給不足 専門性の高いサービスには1~2年のキャンセル待ちも より多くの子ども達に利用いただき、障がいのない社会を   児童発達支援事業とは 発達障害のある未就学の子どものための通所・療育施設です。家庭から児童発達事業所に通いながら、療育や生活の自立のための支援を受けることです。「受給者証」を取得することで1割の自己負担で利用できるサービスです。全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%の約30万人の子どもが発達障害を持つと言われています。       コペルプラスとは 25年前より幼児教室を運営してきた株式会社コペルが、平成29年6月よりサービスを開始した児童発達支援サービスです。現在、直営・フランチャイズあわせて79教室を開校(令和元年9月時点)をしています。   コペルプラスHP   詳しく知りたい方 児童発達支援事業コペルプラスについて詳しく知りたい方には、次の2つの方法をご用意しています[...]

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る